ガイド

入れ墨とCOVIDワクチン:入れ墨の前または後にワクチン接種を受けるのは安全ですか?

進行中のCOVID-19パンデミックにより、多くの人々が計画や優先順位を変更したと言っても過言ではありません。あなたの計画が何であれ、私たちはあなたがそれらをキャンセルするか延期しなければならなかったと確信しています。.

しかし、COVID-19ワクチンの発見により、一部の国や場所では物事が正常に戻り始め、人々は自分の計画や希望を追求できるようになりました。たとえば、私の願いはタトゥーを入れることでした.

しかし、今では入れ墨とワクチンの関係の問題があります。多くの人は、ワクチンを接種してからタトゥーを入れることができるかどうか、またその逆もできるかどうか疑問に思わざるを得ません。一方が他方にどのように影響するか、そして完全にワクチン接種されるまで計画をもう一度再スケジュールして移動する必要があります?

同じことについて疑問に思っているなら、あなたは正しい場所にいます。次の段落では、タトゥーとCOVIDワクチンについてこれまでに知っていることすべてを探求しますので、始めましょう!

入れ墨とCOVIDワクチン:私たちが知る必要があるすべて

1.そもそもなぜ懸念があるのか?

タトゥーアーティストは、COVIDワクチンとタトゥーの関係についてまだ明確な答えを持っていないと言っても過言ではありません。しかし、彫師と医師が同意できることの1つは、懸念の原因です。.

さて、入れ墨をすることは、皮膚に開いた傷を作るプロセスであり、それは体が治癒の優先事項として認識しています。 NS リンパ系 そのことをするので、 白血球 癒しのプロセスを開始するために入れ墨された領域に転送されます。これらすべてが免疫応答を引き起こし、すでに免疫系が損なわれている場合、人はかなり気分が悪くなる可能性があります.

しかし、なぜ私たちはこれについて話しているのですか??

さて、これまでのところ知っているように、COVIDワクチンは特定の副作用を引き起こします。副作用の大部分は、数日間気分が悪くなり、さらには発熱する人として説明することができます。 COVIDを持っているかのように、ウイルスの代わりに, それはワクチンであり、安全です.

したがって、懸念は以下の問題から生じます。人がワクチン接種を受けると、おそらく免疫系を損なう可能性のあるいくつかの副作用が発生します。同じ人が予防接種の直後に入れ墨をした場合、彼らの体は一度に両方の問題を処理することができないかもしれません、それで彼らは入れ墨の治癒の問題と予防接種からの長期の回復を経験するかもしれません.

2.予防接種の前後にTattoedを待つ必要があります?

ワクチンの副作用 痛み、倦怠感、痛み、疲労感、潜在的な血液凝固の問題、重症の場合の発熱などがあります。血液凝固の問題はジョンソンに報告されています & ジョンソンワクチンは、予防接種後に入れ墨をするかどうかを決定する上で重要な役割を果たす可能性があります.

医師は、血液凝固の潜在的な問題を回避するために、ワクチン接種後に入れ墨をするまでに数日、場合によっては数週間待つことの重要性を強調しています。これは特に血液凝固薬を服用している人に当てはまります.

それで、あなたは予防接種の後に入れ墨されるのを待つべきですか?そうすることをお勧めします。 2週間から2か月の間のどこでも、入れ墨をしたり、入れ墨の後にワクチンを接種したりすることを避けてはならない推奨期間です。血液凝固の問題が発生して停止するまでに2週間かかることがあるので、後悔するよりも安全である方がよい.

同じことが、新しいタトゥーを入れたばかりで、ワクチン接種を受けたいというシナリオにも当てはまります。そのような場合、医師は同じことをアドバイスします。ワクチン接種を受けるには、最低2週間待ちます.

この情報のすべてがまだ完全に明確ではないことを強調する必要がありますが、これは私たちがこれまでに知っていることであり、医師やタトゥーアーティストが今のところガイドラインとして話し、提供していることです.

3.入れ墨の中で予防接種をするのは安全ですか?

さて、あなたはすでに治癒した入れ墨を持っていて、ワクチン接種を受けたいとしましょう。入れ墨は上腕のどこかに置かれ、ワクチン接種も伝統的に行われています。今, 入れ墨の中でワクチン接種を受けるのは安全です?

まあ、いくつかの研究は、肩と上腕の入れ墨が特に男性にとって最も人気のあるもののいくつかであることを考慮して、入れ墨の中でショットされたCOVIDワクチンを受ける問題を調査しました.

ここに、最新の研究の発見と懸念のいくつかがあります。

これまでのところ、入れ墨された領域(繰り返し入れ墨された皮膚)に穴を開けたりワクチンを接種したりすると、個人が感染リスクにさらされたことを示す証拠はありません。しかし、COVIDワクチン接種は前例がなく、かなり新しいため、健康上の懸念が存在します.

たとえば、ワクチン接種中にタトゥー色素が血液循環に導入されるという問題があります。予防接種中に有害な粒子が導入され、感染や反応を引き起こす可能性があります。 1つありました 天然痘ワクチンを受けている軍の新兵の事例 入れ墨された領域内で、後でその特定の領域で天然痘の症状を発症します.

しかし、特にCOVID-19ワクチンの場合、これらの問題は研究されていません。入れ墨の中にCOVIDワクチンを接種することの健康上の懸念に関して、将来の研究が何を示すかはまだ分からない。.

現在の研究は、主に医療提供者の恐れと誤解に基づいていると言っても過言ではありません。しかし、COVIDワクチンの新しさに関しては、入れ墨がワクチン接種にどのように影響するかをより明確に把握するまで、入れ墨またはワクチン接種のガイドラインに従う方が安全です。.

4.入れ墨の予防接種を受ける方法、またはその逆についての推奨事項はありますか?

はい、タトゥ​​ーを入れている場合はワクチンを接種する方法、ワクチンを接種した場合はタトゥーを入れる方法について、医師やタトゥーアーティストによる現在の推奨事項がいくつかあります。

入れ墨の予防接種を受ける方法、またはその逆クレジット: Nih.gov

  • 入れ墨が完全に治癒した場合にのみワクチン接種を受ける必要があります。新鮮な入れ墨を接種することはお勧めしません。入れ墨をしたばかりの場合は、ワクチン接種を受けるまで少なくとも1か月待つことをお勧めします.
  • 入れ墨されていない腕にワクチンを接種することを選択する必要があります.
  • 予防接種後に入れ墨をするべきではありません。少なくとも2週間待つ必要があると述べましたが、30〜60日の間でも待つことをお勧めします.
  • 両方の腕が入れ墨されている場合、個人は色素のない入れ墨内のスペースを選択することによってワクチン接種を試みることができます.
  • 予防接種後に入れ墨をしたい場合は、ワクチン接種を受けた場所と同じ場所に入れ墨を入れないことが重要です。そうでなければ、皮膚の腫れや赤みを経験する可能性があります.
  • 予防接種の合間に入れ墨をすることはお勧めできません。 2回目のワクチン接種または再ワクチン接種を受けたら、タトゥーを入れ続けることができます。単回ワクチンの場合、ワクチン接種後、タトゥーを入れるまで少なくとも1か月待つ必要があります.

この時期に入れ墨をする上で最も重要なことの1つは、ワクチンを接種している場合でも、マスクを着用して社会的距離を置くことです。これは、医師やタトゥーアーティストが常に強調していることであり、ワクチンとタトゥーの両方の予定について重要なルールとして人々が従う必要があります.

5.入れ墨よりもワクチン接種を受けることが重要なのはなぜですか?

残念ながら、パンデミックは終わらないことを考えると、私たちの優先順位をもう一度再考することが重要です。入れ墨をすることは、あなたの人生の時代や期間、ユニークな経験、または単にあなたの創造性を示すので、人生の大きな部分です。.

しかし、このような時代には, 免疫化を受けて健康を維持する方が良いです 入れ墨をするより。しかし、入れ墨をしてはいけないと言っている人は誰もいません。あなたは確かにそうすることができますが、より多くの計画と優先順位のわずかな変更があります。予防接種を受け、症例数の減少に貢献し、私たちの生活が正常に戻るための役割を果たすことが重要です.

最終的な考え

入れ墨とCOVIDワクチンの問題はまだ研究されていないので、これが今のところこのトピックに関して私たちが持っているすべてです。医師や研究者が新しい情報を発表するまで、私たちにできることは、ワクチンと入れ墨の間に待って、辛抱強く待つことだけです。確かに、あなたの願いを脇に置いておくのは難しいですが、パンデミックが終わるまで、優先順位をまっすぐにし、入れ墨よりも免疫を大切にすることが重要です.